トモさんのよろず評論
ライフ・サポート・カンパニーが運営しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震設計偽装問題について

耐震設計偽装問題は、政財官の構造的問題です。姉歯・内河・小嶋等などといった誰彼個人の悪意や性格の悪さが問題なのではないでしょう。それらの個人が、設計偽装は悪いこと、いけないことだ、と、うすうす分かっていたとしても、政党や官庁役所や会社の集団・組織に意見をしたり、それらの構造的な体制に刃向かったりできるはずがないのです。
小嶋・姉歯建築士などは政財官の強者によって太刀打ちも抗弁もできない個人としてババをつかまされた被害者ではないでしょうか。そしてマスコミが、それら名前が挙がる個人の責任を追及したからといって、また、国民がそれに踊らされたとしても、今後、設計偽装問題や建築業界問題や国土・道路公団問題・ゼネコン問題などが解決されたり、最近では防衛庁のそれに類する問題が起きましたが、それらの問題が解明される訳ではないでしょう。つまり構造的問題はつづくのでしょう。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。